fb.    in.    be.    pt.

来店予約来店予約 フェア&イベントフェア&イベント

【パーティーレポート@野外テントウェディング】

▽▽▽カップルのコメント▽▽▽
まさに現代のSNSの世界の中でWedesignと出逢いました。
結婚が決まって、まだ結婚式に関しては何も決まっていない状態でWedesignに突撃しました。
いざ結婚式の話になって「もう普通の結婚式には飽きたんやけど、まー色々考えるとこんな感じかな〜」と近くの式場の候補を話していたら、社長が今回の“テントウエディング” を提案してくれました。
伊勢でそんなことができるなんてこれっぽっちも頭になかった私たちは もう目から鱗。「いや、もうマジでそれにします。今契約します。」ぐらいの勢いで話は進んでいきました。アウトドアとか芝生とか青空とか私たちの「好き!」が全て詰まっている夢のような 結婚式。Wedesignを訪れるまでは、親のためにしゃーなしで挙げるつもりやった結婚式が一気に 楽しみで楽しみで仕方のないものに変わりました。
私たち夫婦は今は東京に住んでいるので、打ち合わせはそれはそれは苦労しま………せんでした。
電話やメール、SNSでイメージを共有できていたので、心配も不安もなく最後までいけました。 イメージを伝えているうちに私たちの大好きな「フェス」がテーマとして固まっていきました。(← このあたりからNWF『ニシザワ・ウェディング・フェス』って呼び出した気が…。)
打ち合わせも毎回度肝を抜かれる展開が待っていて(想像より百倍かわいいテント、 圧倒的飲食店ブース、素敵すぎるスタッフTシャツ、おしゃれ看板……以下エンドレス)、テントウェディングが決まってからの5ヶ月間、ずっとワクワクが止まらない日々でした。  NWF当日は心配していた天気にも恵まれ、1日限定のフェスが実現しました。
朝会場に到着してまず嬉しかったのが朝早くから集まって準備してくれていたスタッフの皆さんの笑顔。得体も知れない私たち夫婦のために快く参加してくれて準備してくれてさらにそんな苦労を全く見せずに楽しんで私たちをお祝いしてくれました。あのピースな空間を創り出してくれたことに何より感謝しています。
そんな素敵空間に大好きな家族、仲間が集まってくれたということは、私たちにとって これ以上幸せなことはありません。私たち夫婦の「やりたい!」が詰まり過ぎているウェディングだったし、ほとんど前例のない形式だったので、ゲストの皆の反応は正直心配なところもありました。自己満足だけにならないように、ゲストの皆にも満足して笑顔で過ごしてもらえるようにとういう点は打ち合わせ当初からずっと気にしていました。でもWedesignが創り出してくれた 渾身の圧倒的空間にゲストみんなが満足してくれたように思います。
さらに、私たち夫婦のこのウェディングに賭ける想いをゲストみんなが感じてくれていたのも大きかったと思います。そういう点も含めて、自分たちが本当にやりたいウェディングのカタチを選んだことは最良の選択だったと思っています。
2014.10.04 NWFに関わってくれたスタッフの皆さん、参加してくれた大好きな家族や仲間、そしてそしてウェザインの皆様!本当に本当にありがとう!!!!
りょーた・まあさ
▼▼▼スタッフのコメント▼▼▼
今回のウェディングへの想い。
結果から言えば、おふたりのコンセプトの「野外ウェディングフェス」と、私たちのコンセプト(というか使命?)の「地域活性化」「少子化対策」「離婚率減少」がうまく融合した新しいウェディングスタイルが生まれました。ウェディングという切り口で町を元気にすることはできる。これをきっかけに地元飲食店と列席者の交流が生まれ、「ウェディング」がその後の地域活性の起爆剤になる。「いつまでもみんなで伊勢を盛り上げていきたい」という思いで実現しました。あれだけ素敵なゲストのみなさんと最高の飲食店のみなさんに祝福されたら、ちょっとしたことで「離婚」なんて事にもならないし、ふたりが困った時には救ってくれる仲間がいるでしょう。単純に、結婚式をする意味はそこにあると思います。
初の試みの中、飲食店も主役のお二人も最後の最後まで信頼してくれて、みんながウェザインに賭けてくれたことがなによりも嬉しかったし、それが成功の根元にあると思います。
独立して起業する前もブライダル業界で働いていましたが、ここまでスタッフが笑顔で楽しそうにサービスしている姿は見たことがありませんでした。
ウェディング当日、スタッフ全員が思う存分楽しんで120%の力で祝福しているのは一目瞭然でした。
新婦様がよく口にしていた言葉をここでお借りします。「ありがとう×1000000億」です。
携わった全ての人に感謝です。
小さなブライダルサロンが、地方の公園で、地元飲食店と手を組んで、地元のカップルを祝福する。
数時間の小さな出来事かもしれませんが、僕たちにとっては大きな一歩でした。
Wedesign 代表/東山迪也
Web https://wedesign-inc.com